スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


気分転換に…
おひっこしします~

http://ameblo.jp/namapiyo4/

あと、もんもんを文字にしてもすっきりしないことに気がついたので
これからは、日常メインではなく、気になること(科学ニュースとか)について備忘録つけたいと思っています。

あと科学だけっていうと固いから、かわいい女の子についても…。えへ。

あとやっぱりお酒!
えへ~

こっちも裏的に更新するかもしれませんえへ。
スポンサーサイト

iphone

chichibu train

iphone買っちゃいました

最初の1週間は、メールの仕方はわからないわ、電話はかけられないわ。
ほんと猫に小判。豚に真珠。どうしていいかわからない。
説明書を読まないで、なんとかなるでしょーっていう性格なので…。
色んな人に、メールの返事が遅いと怒られました。笑

でもやっと慣れてきたら、楽しい楽しい!!

ほんと、携帯じゃなくて小さいパソコン!

新聞読めたり、ブログの更新も楽々だったり(もう一個のブログばっかり更新してこっちは放置してたのですが)地図もナビ並みに使えたり、
あとカメラのアプリ!

この写真もアプリ機能で加工したのですが、いい~感じ

わー。
早くもはまりそうです。

レトロ風に撮れるカメラアプリは、「morelomo」しかも無料です。

アンチョビ

4匹しか入ってないのに
300円もするアンチョビの缶…

ワイン1本に4匹じゃ足りない!!

でも1食にアンチョビだけで1000円も出せん!!

…ということで

アンチョビ作ってみましたー!

材料は
1.カタクチイワシ・・・好きなだけ
2.塩 ・・・大量
3.オリーブオイル ・・・大量

これだけ~

手順
1.カタクチイワシの準備
  カタクチイワシの頭、尻尾を落とし、内臓を取り除きます。
  開いて大きい骨を除去。細かい骨はそんなに気にしなくてOK。(後で取れます)

2.カタクチイワシを洗います!洗ったらキッチンペーパー等でしっかり水気を取ります。

3.塩漬けにします。約1カ月間。
  イワシの間にも塩を挟んで、塩に埋めるようにしたら冷蔵庫で保存。ひたすら待つ!

4.1ヶ月後、イワシを海水程度の塩水で洗います。
  このとき、開いたイワシを2枚に分けたり、背びれを除去。気になる小骨やうろこも取ります。

5.きれいになったイワシちゃんをオリーブオイルに漬けます!
  冷蔵庫で放置。1週間したら食べごろ♪

以上!

非常に簡単~♪
ちなみに、3の行程で出た液体はナンプラーで、イワシのうまみが出まくった、めっちゃおいしい調味料になります。
ちなみに、アンチョビは1年程度持つ保存食です。

発酵食品ってすごいね。
 

OCEANS

oceans


人類は月まで行った。
でも、一番深い海にはまだ行ったことがない。

生物を学んできた者として、すごく思うことは、
やっぱり、動物として「生き易い姿」っていうものがある、ってこと。

移動しやすい足や手があって
顔があって耳があって
しっぽがあったり
体長に対してそれらの部品の割合が大体このくらいで…

とか、もちろん植物も範疇にするとだいぶ多様性はあるけど、
動物に限って言えば、うん、こんな形だよね。
って違和感なく受け入れられるんだ。

色んな生物を見てきて、
それなりに進化についても勉強して
ぱっと見た形で、
えーなんじゃこの生き物!って驚くことって少なくなってきた。

のだけれど、やっぱ海ってすごい!
(ほぼ)無重力の世界。
形が伸びていく方向に機械的力の制限がないってことで、陸とは違う構造ができるのはわかることだけど
なんでその構造にしたんだー!

っていうのがいっぱいいて、
改めて「海」っていう陸とは違う世界を実感しました。

うーん面白かった。
撮影スタッフすごい!!

最後に明らかに「反捕鯨」的なメッセージが入ったことが残念だけど。
(きれいなシーンの後に残虐なシーンを見せてすりこみのようにするんじゃなくて、もっと海とその生き物の多様性に感動する作品として純粋に終わらせてほしかった。)
(フランス制作だしなぁ)

wikipediaは知っていたのですが、
wikileaksは知らなかった。

匿名で投稿された機密情報を公開するサイト。

2007年に設立。
創設者はジュリアン・アサンジ氏。
オーストラリアで産まれた同氏は「学校の教育は子どもをダメにする」という母親の教育方針の下、
学校を転々とし、ほぼ独学で学んだそう。
小学生の時にコンピュータにはまり、天才的ハッカーとなる。
20代のときには不正アクセスで起訴。

当時の検事は彼を
「まるで神のように情報網を渡り歩く」
と表現したらしい。

その時から、アサンジ氏は
「すべての情報に誰もが平等にアクセスできるべき」
という考えを持っていたそうな。

wikileaksのすごいところは、
まず、情報の提供者が誰か絶対にわからないよう、
投稿元の個人情報を複雑に暗号化して隠すこと。
さらに匿名で寄せられた情報の正確性を数名の「その道に長けた」スタッフが確かめた上で掲載すること。
また、多くのドメインを持ち、アクセスが制限されてもすぐに新しいドメインで窓口が作られること。
徹底的!


おそらく、今アップされている中で最も注目を浴びているのは
米軍のイラクイラン戦争の動画。
米兵から投稿されたものらしい。

どういう意図で撮ったのか、
どういう意図で投稿したのか
それはわからないけれど

普通だったら見ることのできない映像。
本来だったら公開されるはずのなかった現実。

編集された番組じゃないから解説はもちろんない。
見る人によって解釈はそれぞれだし
抱く感情もそれぞれ。
それを見せられてどう動くかもそれぞれ。

でもね、これはまた物事の一面であって、
決してすべての真実とはいえないでしょう。
そもそも、真実かもわかんないじゃん。

もしその文書が偽装だったら?
「その道に長けた」人達もグルだったら?

そう考えたら鵜呑みにするのは早まっている。

でも「リーク」された情報によって異なる見方、価値観が視聴者には与えられる。
そうやってかき混ぜて、目を開かせることが目的なのでしょうか。

とにかく、こんなHPが存在していることが、私にとってはかなり衝撃的でした。
http://wikileaks.org/


プロフィール

map

Author:map
あおみどりのバクテリアと戯れる筑波っ子

好きなものはかまぼこ・トマト

そらまめは好きだけど食べられませんー

…と思っていたら、08年4月、克服したかもしれません。






最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。